マチノマ大森内科クリニック

〒143-0015 東京都大田区大森西3-1-38
マチノマ大森 3F
03-5471-5556
WEB予約はこちら

マチノマ大森内科クリニック

COLONOSCOPY大腸内視鏡検査

Colonoscopy大腸内視鏡検査とは

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)では、肛門から内視鏡を挿入し大腸の内側を観察する検査です。大腸内のポリープや病変の確認・診断には重要な役割を果たします。当院では苦しみなど、負担なく検査を進めていけるよう配慮して行いますので、不安に感じること・気になる点がこざいましたらお問い合わせください。

Colonoscopy検査の流れ

検査の流れ

01検査前

前日の21時以降は食事を取らず(水分摂取は可能)、当日も朝食は取らずに来院ください。受付・問診票をご記入いただき、当日の体調確認をさせていただきます。

検査の流れ

02検査

患者様お一人ひとりに合った鎮静剤を使用し、内視鏡専門医により検査を実施します。少ない苦しみで進めていきます。

検査の流れ

03検査後

検査後は、移動可能なリカバリーチェアーで安静にしていただき、体力が回復しましたらお帰りいただけます。

Colonoscopy検査でわかる主な疾患

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • 過敏性腸症候群 等

Colonoscopyこんな症状が長引くようなら・・

排便に関する症状

排便に関する症状

  • 血便
  • 便が細くなる
  • 残便感
  • 下痢と便秘を繰り返す

お腹に関する症状

お腹に関する症状

  • 腹痛
  • 腹鳴
  • 腹部膨満感
  • 痛みを伴うしこり

その他

その他

  • 吐き気・嘔吐
  • 貧血ぎみ

Colonoscopy大腸内視鏡検査を受けられる方へ

大腸がんは、食生活の変化や高齢化に伴って増え、今後も患者数は増え続けると予測されています。しかし、大腸がんは早期発見・早期治療を行えば、ほぼ完治します。ただし、早期での自覚症状は乏しく、見過ごしがちなのが現状です。そこで、早期発見・早期治療に有効なのが大腸内視鏡検査などの定期的な検査です。大腸内視鏡検査は、患者様の負担が比較的軽く、とても有効です。定期的な検査で大腸がんの早期発見・早期治療に努めましょう。

Colonoscopy検査を受ける前に!事前準備

1. 食事制限

検査前日の食事は、消化の良いものを摂ってください(医療機関により検査食を用いることもあります)。以下のものは食べないでください。食事、検査前日の夕食後から検査終了まではできませんが、水は飲んでも差し支えありません。

食事制限

2. 下痢

医療機関によっては、検査前日のお休み前に服用していただく場合があります。

3. 腸管洗浄剤

医療機関によって、検査前日の夕食後に服用する場合、検査前日、検査当日に服用していただく場合があります。

Colonoscopy大腸ポリープ・早期大腸がんの切除

検査によって発見された大腸ポリープ・早期のがんは、内視鏡による切除することで患者様の負担も少なく治療できます。内視鏡によるがんの切除は、がんが粘膜内か、粘膜下層のごく浅いところにとどまっている場合に行われます。

大腸ポリープ・早期大腸がんの切除

*ポリープ:大腸の内壁をおおう粘膜が、イボのように盛り上がったもの。

大腸ポリープ・早期大腸がんの切除

大腸がんを予防するためには、生活・食事の面で健康的な日々をおくることが大切です。

  • 大腸がん検査を受けましょう
  • 糖尿病を予防しましょう
  • 飲酒を控えましょう
  • タバコをやめましょう
  • 食物繊維を摂りましょう
  • 肉中心の食生活をやめましょう
  • 肥満予防に努めましょう
  • ビタミンB6を摂りましょう
  • 日光に当たりましょう
  • 身体を動かしましょう

これらは、大腸がん予防において劇的な効果をあらわすものではありません。これらを考慮しながら、健康的な日々をおくるよう心がけてください。

増加し続ける大腸がん死亡者数

増加し続ける大腸がん死亡者数

2015年のがんの死亡者数は370,131人です。このうち、大腸がん(結腸がん、直腸がん)は、肺がんに次ぐ2番目で、死亡者数は49,699となっています。
大腸がんは、食生活の変化や高齢化に伴って増え、今後も患者数は増え続けると予測されています。しかし、大腸がんは早期発見・早期治療を行えば、ほぼ完治します。ただし、早期での自覚症状は乏しく、見過ごしがちなのが現状です。そこで、早期発見・早期治療に有効なのが大腸内視鏡検査などの定期的な検査です。大腸内視鏡検査は、患者様の負担が比較的軽く、とても有効です。定期的な検査で大腸がんの早期発見・早期治療に努めましょう。

増加し続ける大腸がん死亡者数

血便、腹痛、貧血…こんな症状が続く方は大腸がんの可能性が!?』

大腸がんは早期であればほぼ完治します。しかし、早期では自覚症状があらわれにくく見過ごしがちです。症状がなくても50歳をすぎたら検査を受けましょう。